このページを編集する

静岡県富士宮市を中心に手作りの温もりを大切にする、布と学生服の店|望幸

お問い合わせは電話番号0544264153までお願いいたします。

 2020年2月  

SunMonTueWedThuFriSat
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

温もりブログ

花粉症の私にはマスクは必需品!えっ、顎までくる長めのマスクって何?寝る時におすすめだって?それなら作ってみよう!品薄のマスク!自分で作れます 立体マスク 第2段

マスク・マスク・マスク

マスクは感染予防でなくて、撒き散らさないエチケット!そうなんだけど、花粉症の私にはなくてなならないもの

いつもなら2枚重ねでつけているのに、今年は一枚を大切に大切に使っています!

前回 紹介したマスクは保湿と花粉対策にはとても助かりました!

そんな中ネットを見てみるとちょっと長めのサイズをしていると乾燥防止にもなるし、顔にぴったりして寝ている時も取れにくい!とのこと
そういえばスタッフのお姉さんも自分で作るマスクは長めにしていると聞いた気がする

確かに寝るときはつけていても、朝起きるとマスクがどこのあるかわからないのは正直ある!

それならばと先日おこした型紙をロングサイズにして作ってみよう!

それならリバーシブルにして、保湿度アップにしてみようかな!

そして洗いやすさと、通気を考えて、やはりてぬぐいで作ることにしました。
今は手ぬぐいもお洒落ですものね

 

ちょっと大きめ!でもすごくフィット!する。

手ぬぐいの張りとガーゼの柔らかさ!安眠が約束されます。

今日はロングサイズの立体マスクに挑戦します。

IMG_1922.jpg

材料

表布 手ぬぐい1本もしくはダブルガーゼ等 40cmX40cm

裏布 ダブルガーゼ 40cmX40cm

マスク用ゴム 15cmから20cm

 

 

1.表布・裏布とも2枚ずつ ワにして布を裁ちます。

IMG_1879.jpg

 

2.中表に重ねた表布に裏布を中表で重ねる

→裏布 表が下→表布 表が上→表布 表が下→裏布 表が上

IMG_1881.jpg

 

3.両脇を縫い代1cmで縫う

IMG_1897.jpg

4.縫い合わせを中央にして、縫い代を片側に寄せてステッチをかける

IMG_1898.jpg

IMG_1899.jpg

裏から見るとこんな感じになります。

突っ張らないように、縫い代に切り込みを入れてもいいですね!

IMG_1901.jpg

 

10.両側ともステッチをかけます。

縫い代をおる方向を両方で違う方向におるとマスクの真ん中が厚くならずに均等になります。

 

11.縫い合わせた中心を重ねて、上下 まち針を刺します。

そして縫い合わせます

IMG_1904.jpg

下側の1箇所を返し口とするため5cm開けておきます。

 

 

12.返したらアイロンをかけ、形を整えて、上下 ステッチをかけます。

IMG_1909.jpg

IMG_1910.jpg

13.左右 三つ折りしてゴム通しを作ります。

IMG_1911.jpg

IMG_1912.jpg

14.ゴムを通して完成!
IMG_1915.jpg